先祖は根であり、子孫は枝葉 ご法事・ご供養 Memorial Service

先祖は根であり 子孫は枝葉

供養の心

「先祖は根であり、子孫は枝葉」という言葉があります。
先立たれたお爺さんお婆さん、お父さんお母さん。
そして遡(さかのぼ)るたくさんのご先祖様は、
樹木で言うところ「根っこ」のようなものであり、
残された私達は、「幹(みき)」であり「枝葉(えだは)」であるという意味です。

私達の日常生活の中で、樹木(じゅもく)の幹や枝葉はよく目にしますが、
「根」はあまり目にしません。しかしその存在はしっかりと土の中にあり、
その木を支えている大切な存在であります。
私達はご先祖様という「根」より命を頂き、今に生かされているのです。
}供養をすることを仏教では、回向(えこう)と呼びます。
ご先祖に対し、感謝の思いを向け、供養することによってその功徳(くどく)が周り巡って、
自分達のところに戻ってくることから回向と名付けられた由縁(ゆえん)であります。

「幹」であり、「枝葉」である私達が、「根」に対してお水や栄養を向けることによって、
その栄養分が、周り巡って、自分達のところに戻ってくるのであります。
供養というものは、「先立たれた者」、そして「残された者」が安らかに過ごせるよう願うものであるのです。

檀信徒以外のご法事も承っております。 お気軽にお問い合せください。お問合せ

これからお申込される方

STEP1 法要は、ご命日またはご命日より前に行いましょう。
STEP2 まずはご希望の日時・場所をお電話にてご相談ください。

先約や行事などでご希望にそえない場合もございます。
いくつか候補をあげて頂けましたら幸いです。
STEP3 ホームページから「法要申込書」をダウンロード(PDF又はエクセル)されて申込まれる方も、まずは日時・場所のご希望をお寺へご連絡の上、必要事項をご記入頂き、FAX・E-mail・郵送などでお申込みください。

記入見本をご参照ください

フォームで「法要申込書」を送信する

エクセルで「法要申込書」をダウンロード

PDFで「法要申込書」をダウンロード

お電話はこちら 045-811-0256

  • FAXにてお申込される方 必要事項をご記入の上、お送りください。 FAX 045-812-7676
  • E-mailにて申込される方 必要事項をご記入の上、E-mailの添付ファイルにてお送りください。ファイル名を法要日と施主名に変更頂けると幸いです。メールを送る
  • 郵送にてお申込される方 必要事項をご記入の上、お送りください。 〒 245-0051 横浜市戸塚区名瀬町772-4 「妙法寺」宛

その他ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。

すでにお申込の方

STEP1 お電話にてすでにお申込の方はお寺から「法要申込書」を送付致します。申込書に記載された日時・場所・御命日・俗名(生前の名前)・法号(戒名)などをご確認ください。
STEP2 追記事項として参列者の人数、また卒塔婆(そとうば)は「卒塔婆申込記入欄」にお名前・フリガナをご記入ください。
STEP3 同封の返信用封筒でのご返送、または下記のFAX番号へご返信ください。 住所 〒 245-0051 横浜市戸塚区名瀬町772-4 「妙法寺」宛 FAX 045-812-7676

四十九日忌法要を営まれる方

ご持参頂く物

ご遺骨 白木のお位牌 遺影 開眼するもの(お位牌 ご本尊など)

お位牌について

仏具店にて故人様のお位牌をおつくり頂き、法要当日にお持ちください。四十九日忌の法要と合わせて開眼(魂入れ)の法要を行います。 開眼(魂入れ)  墓石を新しく建立されたり、仏具店で新しくおつくりした「お位牌」や「御本尊」「御尊像」などは日蓮宗の法式にて魂を吹き込みます。「御本尊」は妙法寺でもご用意しております。ご法要と合わせて営みますので、お申込みの際にお尋ねください。

  • 卒塔婆(そとうば)のお申込みはご法要の一週間前までにお願い致します。
  • 軽装での参列はご遠慮ください。
  • 法要15分前にはお集まりください。

年回忌法要を営まれる方

ご持参頂く物

お位牌 遺影

  • 卒塔婆(そとうば)のお申込みはご法要の一週間前までにお願い致します。
  • 軽装での参列はご遠慮ください。
  • 法要15分前にはお集まりください。

納骨(埋葬)法要を営まれる方

お寺にて埋葬・納骨法要を営まれる方は石材店に以下の料金が必要となります。
封筒などでご用意頂き、当日石材店の方にお渡しください。
墓石に法号(戒名)を彫る代金 45,000円
埋葬手数料 15,000円
合計 60,000円
石材店への手配はお寺にて行います
【霊園を所有の方は、霊園管理事務所にお問合せください】

永代供養

こんな時代だからこそお勧めしています。

跡継ぎがいない…どうしよう… 夫婦ふたりのお墓を なるべく費用をかけずに 今すぐお墓を準備出来ない 生前にお墓を準備したい お墓を改葬したい 自分らしいデザインのお墓を 他の人と一緒はちょっと…

永代供養について詳しく

祥月命日供養・先祖供養

年回忌にあたっていないのですが祥月命日で供養をしたいのですが… お墓が遠方で、なかなかお墓参りに行けずに困っているのですが… お盆なので先祖供養を行いたいのですが…

など供養に関する様々な要望にお応えしております。どうぞお気軽にご相談ください。

水子供養

妙法寺では、水子供養も行っております。
この世に産まれることも、母の乳を飲むことも、
抱かれることも、名前をつけられることも、
叶わなかった水子こそ、懇ろにご供養を行わなければなりません。
妙法寺の本堂の脇には、
慈母観音様がお祀りし水子供養を行っております。
どうぞ、お気軽にお問合せください。

水子供養料 一律30,000円(卒塔婆1基を含む)

(水子供養は、本堂で供養を営んだ後、卒塔婆をご持参頂き慈母観音様にお参り頂きます。)

お問合せ

お布施について

お布施は、本来お経の代金ではなく
「故人を思いやる気持ちの表れ」「お寺に施しを行う心の表れ」であります。
仏教では、お金の価値も人それぞれであることから
“お布施はお気持で…”と、多くのお寺が答えるのであります。
日蓮聖人は「火の信仰より、水の信仰」と述べられ、
炎のように一時だけ燃え上がるのではなく、
川の流れのように末永く勤めることが肝要であると教えられております。
そのことからご供養を末永く続けていただくためにも、
お布施は経済的ご負担にならぬようご奉納ください。
また、お布施につきましてはどうぞお気軽にお問合せください。

御布施

お問合せ

卒塔婆について

日蓮聖人は「お題目が書かれた卒塔婆の功徳は、
故人の成仏に止まらず建てた施主各々の先祖にも及ぶであろう」と
功徳の大きさについて述べられております。
供養の功徳を故人へと届けるお手紙のようなものです。
卒塔婆は施主をはじめ、
ご家族・ご兄弟・ご親戚の皆様でお上げ頂くのがよいでしょう。
1基につき1名の志者(名前)で、連名はご遠慮頂いております

卒塔婆 一基 3,000円

卒塔婆

PAGE UP