身延山久遠寺が総本山 妙法寺の歴史 History of Myohoji

About Myohoji 妙法寺について

妙法寺山門

妙法寺(みょうほうじ)は、身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)を総本山とする日蓮宗のお寺であります。通称「名瀬(なせ)妙法寺」と呼ばれ、正式には「経王山(きょうおうざん)妙法寺」と称します。
開山(お寺を開かれた方)は辨阿闍梨日昭聖人(べんあじゃりにっしょうしょうにん)(以下、日昭聖人と略称)という方です。また開基檀越(お寺の土地と建物を寄付された方)は、風間信濃守信昭公(かざましなののかみのぶあきこう)(以下、風間公と略称)という方であります。

妙法寺の成り立ち

  • 日昭上人像
    日昭聖人は、日蓮宗を開いた日蓮聖人の最初の弟子であったことでよく知られています。日昭聖人と日蓮聖人は、当時仏教の総合大学であった京都の比叡山で共に仏教を研鑽された学友でありました。
  • 日蓮聖人の一番弟子となる日昭
    その後、日蓮聖人に師事され、一番最初のお弟子となられました。日蓮聖人が61歳でお亡くなりになられた後、40年以上長生きされ、日蓮聖人滅後の日蓮教団を守り続けられ、日蓮宗の基礎を作り、元享3年(1323年)103歳で亡くなられました。
  • 風間信濃守の肖像
    風間公は、越後国(新潟県)の有力な豪族で、現在の上越市安塚に史跡が残る直峰城の城主でありました。風間公は鎌倉幕府の番勤(警備)を勤めるため名瀬の地に広大な屋敷を有し、鎌倉幕府の警備に尽力されておりました。
  • 風間信濃守信昭公 妙法寺建立
    その折、風間公は日昭聖人と出会い、帰依し、法華経弘通を誓い、徳治元年(1306年)日蓮聖人が御入滅されてから25年後、風間公が日昭聖人のためにご自分の屋敷に寺院を建立し、寄進されたのが妙法寺のはじまりです。 幕府滅亡後には風間公の屋敷跡は『殿畑』と呼び伝え、当山より南方50メートル先の道路沿いにその記念碑が建てられています。

宗門史跡認定書

当山は、日蓮聖人の一番弟子、
日昭聖人が住まわれ、
布教された唯一の古刹であることから、
平成9年に日蓮宗の宗門史跡に認定されました。

妙法寺の御本尊

妙法寺の御本尊は、日蓮聖人が書かれた、「伝法本尊」と呼ばれるお曼荼羅を御本尊としております。
伝法本尊は、日蓮聖人が弘安3年に開山された日昭聖人に授与された曼荼羅本尊であります。
授与書きには「釋子日昭伝之」(お釈迦様の弟子である日昭聖人にこの曼荼羅本尊を伝えます)と記されていることから「伝法本尊」と呼ばれております。12枚もの紙を繋ぎ合わせ書かれている曼荼羅は、縦2メートル横1メートルにも及び日蓮聖人が書かれた曼荼羅の中でも最大級のものであります。
この伝法本尊を末代まで護持し信仰できるよう樹齢500年の楠木に忠実に彫刻し、妙法寺の御本尊と致しました。伝法本尊の真蹟は、三島市の妙法華寺に格護されております。

妙法寺の御本尊

日蓮聖人像

奉安されております日蓮聖人座像は、室町時代に妙法寺の第7世日恵上人の時代に造立されたもので、横浜市有形文化財として指定されています。
江戸時代には、徳川家からの外護を受け座像を奉安する御厨子が寄進され、多くの参拝者で賑わったと文献には記されております。御厨子は、日蓮宗準宗宝の第1号として認定され現在まで伝えられおります。

指定書

平成21年 神奈川県立歴史博物館で行われた特別展でも「日蓮聖人座像」「御厨子」が出展されました。

日蓮聖人像

PAGE UP