祈願・厄よけ

日蓮宗の祈祷とは

日蓮宗では、古来より相伝される木剣修法(ぼっけんしゅほう)によって行います。

木剣修法とは

木剣修法とは

毎年11月1日から翌年の2月10日までの寒中100日間、千葉県市川市の法華経寺にあります、世界三大荒行に数えられる「大荒行堂」で苦修錬行を積んだ者だけが、相伝される祈祷法であります。

荒行堂の生活は、1日7回の水行と4回の勤行、それ以外読経三昧に入って、食事は一日2食のお粥のみ、自分自身を極限の状態に枯らしてこそ、授かることの出来る祈祷法です。

撰法華経

僧侶が大荒行堂にて写経した
撰法華経(せんほけきょう)という
お経巻を人々に当て、心の垢である
罪障を払い、祈願の成就を祈ります。

ご祈祷・厄除けの流れ

ご予約

お電話にてご希望の日時・ご祈祷内容をお知らせ頂き、ご予約をお願いします。

ご祈祷

当日、お寺の寺務所にて受付後、スタッフが控え室へご案内します。

準備が整いましたら本堂へご案内致します。車両祈祷の方は境内にて行います。

ご祈祷後

ご祈祷後に御札、御守を授与致します。

様々なご祈祷・厄除けを承っております。

祈祷料や所要時間は内容により異なりますので、お申込時にご確認ください。

祈祷料や所要時間は内容により異なりますので、お申込時にご確認ください。

お電話はこちら  045-811-0256
メールでのお問い合わせ
安産祈願

母子の健康を願って
安産祈願

『帯祝い』とも言われ、
古くより妊娠五ヶ月目に入った最初の戌の日に
腹帯を巻いて安産の無事を願うものであります。

妙法寺にお祀りされている安産、子育ての神様である
鬼子母神像に祈願した御守をお渡ししております。
また、写真のような腹帯御守をご希望の方はお問合せください。

祈祷料
10,000円
所要時間
30分

※写真のような「腹帯御守」も準備致しております。ご希望の方はお問合せください。

厄除け祈願

厄を転じて、幸いを招きます
厄除け祈願

日本には人生の節目を「厄年」として、男女それぞれに
厄災が降りかかると言われる年齢があり、
人生の転換期として、万事に気をつけて過ごす事が大切です。

日々の生活の中で少しずつ溜まっていく厄難を、
仏神の加護を受けることにより、心身共に健康で充実した
生活を過ごす事が出来るよう祈願祈祷しております。

祈祷料
10,000円
所要時間
30分
車両祈祷

自他共に安全を祈ります
車両祈祷

新たにお車を購入された時に、
車両だけではなく、運転手も一緒に御祈祷をいたします。

交通安全と道中無難、自他共に事故を起こさぬよう御祈願致します。
交通安全の御札と車両用のステッカーを授与致します。

また、新年のご祈祷会の際には、一年の交通安全を祈願し、
合同でのご祈祷も行っております。

祈祷料
20,000円
所要時間
30分
ページの先頭に戻る