妙法寺について

伽藍・施設の紹介

永代供養塔

永代供養塔

昭和56年慈母観音様の永代供養塔が建立されました。平成22年には改修を行いました。

永代供養について
どうぶつ供養塔

どうぶつ供養塔

妙法寺のどうぶつ供養塔は、家族の心を豊かにしてくれた、どうぶつ達を末永くお守り供養していきたいと考えております。

どうぶつ供養について
歴代廟

歴代廟(れきだいびょう)

妙法寺開創700年の記念事業として平成11年3月に建立されました。当山を開かれた日昭上人、開基檀越の風間公をはじめ、46代にわたる歴代住職が奉られております。

妙法寺の歴史について
山門

山門(さんもん)

山門は、平成8年妙法寺開設700年記念の折りに建立されました。山門の近くには「今月の響語」が掲載されています。

今月の響語
本堂

本堂(ほんどう)

現在の本堂は宗祖日蓮大聖人700遠忌の記念事業として、昭和56年(久住謙是住職代)に完成。その後、妙法寺開創700年にあわせて改修され、平成8年10月に完成致しました。(久住謙是住職代)

客殿

客殿(きゃくでん)

法事の控室やお斎(会食)の席としてご利用頂いております。

鐘楼堂

鐘楼堂(しょうろうどう)

妙法寺開創700年の記念として、平成12年に建立されました。年中行事や除夜の鐘の時などに打ち鳴らされます。

除夜の鐘について
駐車場

駐車場

境内には約25台程度の駐車が可能です。臨時用として裏山には50台程の駐車が可能です。

応接室

応接室

客殿として法事の控室としてもご利用頂いております。

災害時の取り組み

平成22年に発生した東日本大震災では、
寺院が避難所として解放され多くの被災者を支援してきました。

私も何度も被災地に足を運ぶうちに「もし妙法寺が避難所になったら・・・」と考えるようになり、
避難所を運営された方々の意見を参考に様々な備品を揃えました。その主なものを紹介致します。

AED
自動対外式除細動器

近年、公共施設では必需品となっているAED「自動対外式除細動器」。消防署による講習もスタッフ一同受講しました。

仮設トイレ

全国の自治体に設備されている仮設トイレ。汚物を真空パックにして、臭いや菌をシャットアウト。500回分使用可能です。

ガスの発電機

震災時はガソリンが不足する事からガスの発電機を設備。プロパンガス1本300時間の発電が可能です。

寺院備災ガイドブック

震災時、寺院が避難所として活躍した事から全国の寺院でも様々な取り組みが進められています。

ページの先頭に戻る