末代までお守りし、供養を行ないます。
お墓・永代供養

妙法寺のお墓

妙法寺では、新規墓地の募集を受付ております。
墓地区画も残り僅かとなっておりますが、当山の檀家となることが条件となっております。
現在、横浜市内でも多くの公営や市営の霊園が運営されております。
妙法寺の墓地は、それらの霊園とは一線を画す墓地であると考えております。
墓地は、高価なものであり、先祖をお祀りする尊用なるものであります。
妙法寺の理念や歴史をご理解頂き、そこに価値を感じ、ご先祖を大切にされる方にお譲りしたいと考えております。
また墓参マナーが不適格な方にはご遠慮頂いております。
妙法寺には「無縁墓」という言葉はありません。
檀家は、お寺と末永くお付き合いするものです。
後継者がいない場合でも、妙法寺が責任を持って永代供養塔に改葬し、末代までお守りし、供養を行って参ります。

墓地永代使用料・入檀料について

墓地を購入される場合は、当山の檀家となることが条件です。
墓地永代使用料(入檀料も含む)は、以下のように定めます。

大型区画 2㎡ (間口1365×奥行1500) 320万円
中型区画 1,7㎡ (間口1060×奥行1500) 230万円
小型区画 1㎡ (間口 900×奥行1100) 150万円

上記の区画には、外柵、塔婆立て、カロート(お骨を納める場所)が既に完成致しております。
上記の規定にない区画は、その大きさによって判断致します。
※上記の金額には墓石代は含まれておりません。   ※墓石は、指定の石材店をご利用ください。

護持費(年間管理費)について

年間1万円の護持費の納入をお願い致します。

護持費とは

護持費(年間管理費)について

ご入檀された後には、年に4回「妙法寺だより」という機関誌をお送り致しております。
「妙法寺だより」には、お盆やお彼岸などの年中行事をご案内致しておりますので、
行事には極力ご参加くださいますようにお願い致します。

妙法寺だより

妙法寺との付き合い方

お寺と付き合うと 檀家になると寄付を取られる 付き合いが面倒くさそう そんなイメージをお持ちではありませんか?

妙法寺では強制的な寄付のお願いは行っておりませんのでご安心ください。
寄付は皆様の自主性で行われております。
「寄付」は「喜捨」とも言い、自らの寄付の善行を先祖供養へと廻らすもので、
仏教の「施し」の理念に基づいたものであります。

妙法寺では「かかりつけのお寺」をテーマに、お寺との様々な付き合い方を提唱しています。住職

  • 檀家

    妙法寺に墓地を持ち、年会費(護持費)10,000円を納めて頂いている方。機関誌「妙法寺だより」を年4回お届けします。

    年会費(護持費) 10,000円
    墓地 妙法寺に墓地
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年4回
  • 信徒Ⅰ

    檀家さんと同じように年会費(護持費)5,000円を納めて頂きます。また、墓地の無い方や霊園などに墓地を所有されている方むけです。
    機関誌「妙法寺だより」を年4回お届けします。

    年会費(護持費) 5,000円
    墓地 妙法寺に墓地無し、
    もしくは霊園にあり
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年4回
  • 信徒Ⅱ

    年会費はかかりませんので、気軽に妙法寺との縁を繋ぐことができます。まずは、信徒Ⅱからお付き合いを始められる方も多くいらっしゃいます。
    機関誌「妙法寺だより」を「お正月号」「お盆号」の2回お届け致します。

    年会費(護持費) なし
    墓地 なし
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年2回

護持費って何?妙法寺には「護持会」という、
檀家さんを中心とした妙法寺を支えてくださる会があります。
今っぽく言うと「サポーター制度」です。
護持費(年会費)は、妙法寺の護持運営のために使用され、
妙法寺役員(総代・世話人)の方々により管理されて、
年に一度会計決算報告が行われます。

跡継ぎがいなくても安心、永代供養 Perpetual Memorial

こんな時代だからこそお勧めしています。

妙法寺の永代供養

こんな方におすすめしています。

跡継ぎがいない…どうしよう… 夫婦ふたりのお墓を なるべく費用をかけずに 今すぐお墓を準備出来ない 生前にお墓を準備したい お墓を改葬したい 自分らしいデザインのお墓を 他の人と一緒はちょっと…

永代供養は、〝陰気〟〝暗い〟〝寂しい〟〝無縁になったら行く場所〟というマイナスのイメージをお持ちではありませんか? 妙法寺の永代供養塔は違います。
この永代供養塔を建立された、先代住職 久住謙是上人は、

永代供養は、寂しく、悲しくものではありません。
私も死んだ後は、この供養塔に入ります。そのため無縁にはなりません。
だからみんなで入りましょう。

妙法寺に関わる人に無縁は出さない…

と、生前語っておりました。
そんな思いからこの慈母観音様の永代供養塔が建立されました。
平成19年に逝去された先代住職は、その遺言に従い供養塔内に分骨され、
供養塔に納められる方々を見守ってくれています。

納骨堂

平成22年には改修を行いました。
大切な故人を明るく、キレイな場所で守っていきたい、
光にあふれ清潔でお参りしやすい塔内へと生まれ変わりました。

納骨堂としてもご利用頂けます。

納骨堂

こんな方々にもお薦めしています
〝今は経済的にお墓を建てるのが難しい…取りあえず10年間程度預かって欲しい〟
〝転勤が多く、将来的にことを考えると、今すぐお墓は建てられない、取りあえず10年間程度預かって欲しい〟
皆様の生活環境に合わせた使い方も可能ですので、お気軽にご相談ください。

供養塔2階

大理石

供養塔2階では、個人用・夫婦用・4体まで収まる家族用のスペースを設けております。
表面には法號(戒名)や命日などを大理石にオリジナルのデザインを刻むことができます。
永代供養塔は個のお墓です。
自分らしいデザイン、故人らしいデザインを刻みましょう。

十界大曼荼羅御本尊

塔内には、納められました霊位の菩提を弔うため、
日蓮宗のご本尊、「十界大曼荼羅御本尊」を
奉安しております。

供養塔1階

供養塔の1階は、合同の安置所の他、合祀の場所となっております。

永代供養霊簿

お預かりしました霊位は、妙法寺の過去帳“永代供養霊簿”に記入致します。
たとえ故人のことを知る人が誰もいなくなったとしても、
生きた証をここ妙法寺に刻み、未来永劫にわたり妙法寺が保管し供養を行って参ります。

永代供養料

供養塔2階

  10年 20年 30年
個人用(1体); 300,000円 600,000円 900,000円
夫婦用(2体) 500,000円 1,000,000円 1,500,000円
家族用(3〜4体) お問合せください

供養塔1階

  10年 20年 30年
個人用(1体); 200,000円 400,000円 600,000円

※夫婦でお申込された方は、夫婦が納骨されてからのお預かり期間となります。
※年会費は5,000円になります。

※その他諸経費についてはお問合せください。

永代供養のQ&A

生前から申し込むことは可能ですか?
可能です。永代供養を申し込まれる半数の方は生前に申し込まれます。
満了期間が来たらどうなりますか?
永代供養塔の元に合祀致します。
期間の延長は可能ですか?
可能です。終了期限3ヶ月前にお申し出ください。
例)まずは10年お預かりした後、延長する、
合祀するを決められても良いでしょう。
また、まずは10年預かり、
その後妙法寺のお墓、霊園のお墓を購入することも可能です。
日蓮宗ではないのですが?
過去の宗旨宗派は問いません。
お申込後は日蓮宗の法式にて供養させて頂きます。
寄付などはありますか?
妙法寺では強制的な寄付はありません。ご安心ください。
妙法寺の付き合い方をご参照ください
見学は可能ですか?
随時、受付ております。事前にお電話でご連絡頂けると幸いです。

期限終了後、ご遺骨は観音菩薩のもとへと合祀致します。 見学やご相談などは随時受付けております。 お気軽に寺務所までお声掛け、お問い合わせください。 永代供養塔へのお問合せ、ご見学は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 お電話はこちら 045-811-0256

PAGE UP