「お布施=高い」残念な誤解です… お布施・お寺との付き合い方 Donation & Relationship of Temple

お布施について

住職として一番、残念に思うこと。それは「お布施=高い」という一般的イメージが根強いことです。

お布施 供養や祈願をしてもらいたいが、〝お布施が高そうなので止めておこう〟と、
思われる人がいることに住職として一番残念に思っております。
近年では、料金を明確にする「定額制」を導入するお寺も見受けられますが、
妙法寺では「お布施制度 = お気持ちで…」を大事にし、
今後もこだわって行きたいと考えております。
お布施は、本来お経の代金ではありません。
法事や葬儀であるならば「故人を思いやる気持ちの表れ」。
祈願祈祷であるならば「お寺に施しを行う心の表れ」であります。
仏教では、同じ1万円のお金であっても、
価値は人それぞれであることから
“お布施はお気持で…”と、多くのお寺が答えるのであります。
1万円の価値は人それぞれです
火の信仰より、水の信仰 日蓮聖人は「火の信仰より、水の信仰」と述べられ、
炎のように一時だけ燃え上がるのではなく、
川の流れのように末永く勤めることが肝要であると教えられております。

〝かかりつけのお寺〟をテーマに掲げる妙法寺では、
お布施の理念や考え方をご理解頂き、無理の無いようにお納め頂いております。

どうぞお気軽に電話やメールなどでお問合せください。お問合せ

永代供養・水子供養・卒塔婆など、金額が決まっているものもあります。
  • 水子供養について
  • 卒塔婆について
  • 永代供養について

妙法寺との付き合い方

お寺と付き合うと 檀家になると寄付を取られる 付き合いが面倒くさそう そんなイメージをお持ちではありませんか?

妙法寺では強制的な寄付のお願いは行っておりませんのでご安心ください。
寄付は皆様の自主性で行われております。
「寄付」は「喜捨」とも言い、自らの寄付の善行を先祖供養へと廻らすもので、
仏教の「施し」の理念に基づいたものであります。

妙法寺では「かかりつけのお寺」をテーマに、お寺との様々な付き合い方を提唱しています。住職

  • 檀家

    妙法寺に墓地を持ち、年会費(護持費)10,000円を納めて頂いている方。機関誌「妙法寺だより」を年4回お届けします。

    年会費(護持費) 10,000円
    墓地 妙法寺に墓地
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年4回
  • 信徒Ⅰ

    檀家さんと同じように年会費(護持費)5,000円を納めて頂きます。また、墓地の無い方や霊園などに墓地を所有されている方むけです。
    機関誌「妙法寺だより」を年4回お届けします。

    年会費(護持費) 5,000円
    墓地 妙法寺に墓地無し、
    もしくは霊園にあり
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年4回
  • 信徒Ⅱ

    年会費はかかりませんので、気軽に妙法寺との縁を繋ぐことができます。まずは、信徒Ⅱからお付き合いを始められる方も多くいらっしゃいます。
    機関誌「妙法寺だより」を「お正月号」「お盆号」の2回お届け致します。

    年会費(護持費) なし
    墓地 なし
    機関誌
    「妙法寺だより」
    年2回

護持費って何?妙法寺には「護持会」という、
檀家さんを中心とした妙法寺を支えてくださる会があります。
今っぽく言うと「サポーター制度」です。
護持費(年会費)は、妙法寺の護持運営のために使用され、
妙法寺役員(総代・世話人)の方々により管理されて、
年に一度会計決算報告が行われます。

PAGE UP