心みがきの浄心道場

みなさまは日曜日の夕方をどのようにお過ごしですか?

妙法寺では毎月第一日曜日に『心みがきの価値ある日曜日』をテーマに浄心道場を開催しております。
ストレス社会と言われる現代を生きる私たちは知らず知らずのうちに三毒(貪欲・怒り・愚痴)という煩悩によって
不浄な心に犯され、自らを苦しみ悩ませているのです。
その不浄な心、疲れた心を日曜日の夕方にスッキリさせ、癒やし清らかにするのが浄心道場です。
宗派を問わずどなた様もご参加頂けます。お気軽にお越し頂き、日々の心みがきにぜひお役立てください。

第一部

供養会

 午後3時より午後3時45分まで

供養会は日頃なにげなく積もってしまう心の垢とも言える「罪障」を払う法会です。皆様と共にお経とお題目をお唱えし、修法祈祷を行います。また、「先祖供養」「御祈願」をご希望の方には、先祖供養一霊位、一祈願共に500円で承っております。ご希望の方は当日受付にてお申込ください。

第二部

法話会

 午後4時から午後5時まで

法話会では僧侶による説法や写経、写物、座禅など仏教に関するものだけではなく、外来講師をお招きして文化や社会問題等、様々なセミナーやワークショップなど行っております。法話会の内容は毎回変わりますので、予定はホームページでご確認ください。また、ご希望の方にはDMを郵送しております。詳しくはお問合せください。

詳細へ

おくりびと
〜納棺師の眼差し〜

納棺士 木村 光希
講師納棺士 木村 光希

株式会社おくりびとアカデミー代表取締役
納棺師木村光希先生による実演と終活セミナーです。
普段滅多に目にすることが出来ない納棺師の仕事を実演頂きます。
実演後は住職と終活の心得について対談し、
納棺師の目線を通して見えてきた遺族との関わり、
そこから生まれた死生観についてお話しします。

詳細へ

禅に学ぶ人生の日々を
安らかに過ごす智慧

曹洞宗
藤井隆英 僧正
講師曹洞宗 藤井隆英 僧正

禅の本質は安楽の法門です。
安楽とは「苦しみや悩みがなく、身心ともに
心地よくくつろいでいる理想の安らかさ」であります。
禅が伝える安楽を導く方法が坐禅や作法です。
心地よい禅の作法に委ねながら
人生の日々を安らかに過ごすための智慧を学びます。

詳細へ

あなただけの香りを
つくりましょう

創香家 今井麻美子
講師創香家 今井麻美子

お香のプロである
創香家今井麻美子先生をお迎えして、
皆様と共に自分だけのオリジナル
「匂い袋」をつくってみたいと思います。
貴重な機会となっておりますので
ぜひご参加ください。

(参加費:1,000円)

詳細へ

南無妙法蓮華経の
こころ

当山住職 久住謙昭
講師当山住職 久住謙昭

私の信仰の恩師が書かれた、
瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を
拝読し御題目 信仰の精神と生き方を学びましょう。
本をお持ちの方はご持参ください。
お持ちでない方もコピーを準備しておりますので
お気軽にご参加ください。

ご参加について

1部の供養会、
2部の法話会の、
どちらかのみの
ご参加でも構いません

浄心道場の参加費は、
お気持ちをお賽銭箱に
お入れください。

「天」御守りについて

月に一度の心みがきとして開催している浄心道場では、
毎年希望者ひとり一人のお名前を刺繍で織り込んだ「天」御守りをお渡ししています。
浄心道場に参加される際にご持参頂き、御尊前に安置し、ご祈祷の功徳と皆で唱えるお題目の功徳を充填します。

天の文字に込められた願い

  • 多くの『諸天善神』の御加護、御守護が頂けますように…
  • 仏神から与えられた自分自身の『天命』を見つめ、
    困難があっても乗り越え、まっとうできますように…

との想いを込めて「天華院日翔」(現住職の僧侶名)が、
祈りを捧げた御守であります。

過去の浄心道場

開催日
講題
講師
内容
平成29年11月5日
(日曜日)
おくりびと
〜納棺師の眼差し〜
納棺師
木村光希
11月の浄心道場は株式会社おくりびとアカデミー代表取締役、納棺師木村光希先生による実演と終活セミナーです。 普段滅多に目にすることが出来ない納棺師の仕事を実演頂きます。 実演後は住職と終活の心得について対談し、納棺師の目線を通して見えてきた遺族との関わり、そこから生まれた死生観についてお話しします。
平成29年10月1日
(日曜日)
禅に学ぶ人生の日々を
安らかに過ごす智慧
曹洞宗
藤井隆英 僧正
禅が伝える安楽を導く方法、それが坐禅や作法です。 座禅修行で心地よい禅の作法に委ねながら人生の日々を安らかに過ごすための智慧を学びます。
平成29年9月3日
(日曜日)
汝取って
服すべし
青柳寺 副住職
神部宣啓 上人
「誰かがやってくれるだろう…」と頼りにしてしまうことは日常の中でよくあることです。私も妻に色々と頼りきり…。しかし、信仰においてはどうでしょうか?法華経に説かれている親子の物語をもとに私たちの信仰についてお話しさせていただきます。
平成29年7月2日
(日曜日)
こんな時は…
成年後見!
行政書士
廣末志野
成年後見制度は、認知症や知的・精神障がい等で判断能力に不安のある方が 住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らし続けることを支援する制度です。 必要な社会サービスや悪質商法から身を護れるよう様々な事例で説明します。
平成29年6月4日
(日曜日)
即是道場
当山執事
森影康伸上人
法華経のなかに「このところは、すなわちこれ道場なり」という経文があります。 このお経文をもとに、お題目の信仰における道場(信仰の場所)とはどのようなもの なのか? その意義について、お話しさせて頂きます。
平成29年5月7日
(日曜日)
あなただけの香りをつくりましょう
参加費:1,000円
創香家
今井麻美子
お香のプロである創香家今井麻美子先生をお迎えして、 皆様と共に自分だけのオリジナル「匂い袋」をつくってみたいと思います。 貴重な機会となっておりますのでぜひご参加ください。
平成29年4月2日
(日曜日)
南無妙法蓮華経のこころ
当山住職 久住謙昭
私の信仰の恩師が書かれた、瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を拝読し御題目信仰の精神と生き方を学びましょう。本をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もコピーを準備しておりますのでお気軽にご参加ください。
平成29年3月5日
(日曜日)
写経(1000円)「いのちに合掌」
但行礼拝(たんぎょうらいはい)
当山住職
久住謙昭
全ての人には仏性(ほとけさまの種)があります。常不軽菩薩は「我深くなんだちを敬う」といいながら ただひたすらにどのようなことが起ころうとも礼拝行に徹しました。このお姿を日蓮聖人はご自身と重ね合わされ、 ご自身の教化の基本とされたお言葉を写経致します。筆など必要な物はお寺で準備しております。ぜひご参加ください。
平成29年2月5日
(日曜日)
九星気学で見る
平成29年
龍鑑寺 副住職
髙谷正賢上人
節分に合わせ今年はどんな年となるのか、皆様にとっての今年は? 九星気学の先生でもある髙谷正賢上人が詳しくズバッと解説致します。
平成28年12月4日
(日曜日)
忘年会
当山住職
久住謙昭
12月の浄心道場は毎年恒例の忘年会を開催いたします。 皆さんと共にお経を読んでから、この1年を振り返るとともにお鍋を食べながら新年への抱負を語り合い親睦を深める会でございます。

・12月の浄心道場のお経は17時〜になります。
・お経後の忘年会は参加費千円です。
平成28年11月6日
(日曜日)
南無妙法蓮華経のこころ
当山住職 久住謙昭
私の信仰の恩師が書かれた、瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を拝読し御題目信仰の精神と生き方を学びましょう。本をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もコピーを準備しておりますのでお気軽にご参加ください。
平成28年10月2日
(日曜日)
安らかな身心を築く
禅の作法
曹洞宗
藤井隆英上人
作法とは、堅苦しく、個性を埋没させるものではなく、むしろ「その人らしさ」を より引き出してくれるものなのです。 ストレス社会の中で、日々清らかに心地よく生きるためには、日々の作法を丁寧に行 うことが大切です。 それが禅に学ぶ作法の智慧です。その智慧を心と身体の両面から学んでいきます。
平成28年9月4日
(日曜日)
講談
(内容未定)
講談師
一龍斎貞鏡
全国から引っ張りだこの若手期待の講談師、一龍斎貞鏡さんが念願叶って当山にご登壇!父が八代目一龍斎貞山、祖父が七代目一龍斎貞山、義理の祖父が神田伯龍と、世襲制ではない講談界に於いて初の三代続いての講談師であります。ご家族、ご友人をお誘い合わせの上ぜひご参加ください。
平成28年7月3日
(日曜日)
『住み慣れた家で暮らし続けるために』
〜人と地域を大切に、元気なまちをみんなで創ろう!〜
よこはま地域福祉
研究センター
センター長 佐塚 玲子
住み慣れた家で暮らし続ける為には自分が今置かれている現状を理解し、社会や地域とどのように関わっていくと良いのかについて、お話しさせて頂きます。 皆様の参加をお待ち申し上げております。
平成28年6月5日
(日曜日)
南無妙法蓮華経のこころ
当山住職 久住謙昭
私の信仰の恩師が書かれた、瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を拝読し御題目信仰の精神と生き方を学びましょう。本をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もコピーを準備しておりますのでお気軽にご参加ください。
平成28年5月1日
(日曜日)
『御題目と御念仏』
当山執事
森影 康伸 上人
我が国の仏教の信行を二分する御題目と御念仏。南無妙法蓮華経と南無阿弥陀仏の違いについてお話しさせて頂きます。
平成28年4月3日
(日曜日)
写仏
(参加費:1,000円)
当山住職
久住謙昭
静かなブームとなっている写仏。仏様のお姿をじっくりと書写することによって、仏様のお姿の意味や特徴などを知り、仏像や仏画に理解を深めることができます。(筆や墨などはお寺で準備しております)
平成28年3月13日
(日曜日)
『大荒行僧祈祷会』
(参加費3,000円)
当山執事 髙谷正賢上人
荒行僧7名
昨年の11月1日より壱百日間の修行を終えた荒行僧による水行と特別祈祷が行われます。ご家族ご友人をお誘いのうえぜひご参加ください。

午後2時:受付
午後3時:水行
午後3時半:祈祷会
平成28年2月7日
(日曜日)
南無妙法蓮華経のこころ
当山住職 久住謙昭
私の信仰の恩師が書かれた、瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を拝読し御題目信仰の精神と生き方を学びましょう。本をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もコピーを準備しておりますのでお気軽にご参加ください。
平成27年12月6日
(日曜日)
忘年会
当山住職
久住謙昭
12月の浄心道場は毎年恒例の忘年会を開催いたします。 皆さんと共にお経を読んでから、この1年を振り返るとともにお鍋を食べながら新年への抱負を語り合い親睦を深める会でございます。

・12月の浄心道場のお経は17時〜になります。
・お経後の忘年会は参加費千円です。
平成27年11月1日
(日曜日)
「三世の救い」
行学堂
当山執事
森影 康伸 上人
『現在・過去・未来』仏教における三世の因果についてお話させて頂きます。
平成27年10月4日
(日曜日)
南無妙法蓮華経のこころ
当山住職 久住謙昭
私の信仰の恩師が書かれた、瀬野泰光著『南無妙法蓮華経のこころ』を拝読し御題目信仰の精神と生き方を学びましょう。本をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もコピーを準備しておりますのでお気軽にご参加ください。
平成27年9月6日
(日曜日)
一文字違いのシアワセ
安立寺住職
木田隆正 上人
〝美味しいものを食べる〟〝美味しくものを食べる〟たった一文字違い。しかし、その違いは文字だけではありません。一体、何が違うのでしょうか。日蓮聖人の御手紙である『一生仏鈔』に、その答えを求めてみたいと思います。
平成27年7月5日
(日曜日)
もう他人事じゃない!知ろう!活かそう!
超高齢社会の介護情報
NPO法人
よこはま地域
福祉研究センター
センター長 佐塚 玲子
超高齢化時代が到来して久しい今日。あなたにとって介護はまだ他人事ですか?1960年、一人の要介護者に家族介護者は11人だったのに対し、2015年には2.3人。一方、介護期間も平均4年9ヶ月と長期化。更に介護に係わる費用も、要介護者や介護者の家計を圧迫しつつあります。介護はもう他人事ではありません。限りある財産を適切に使う介護方法についてお話し致します。
平成27年6月7日
(日曜日)
日蓮聖人からの
お手紙を読む
当山執事
坂本 昌宏 上人
日蓮聖人はお弟子さんや信徒にたくさんのお手紙を記されました。その中からひとつのお手紙を読み、日蓮聖人のいた、その時間を感じてみましょう。
平成27年5月3日
(日曜日)
大切な1日
大蓮寺 副住職
田島 海理 上人
時間に追われて過ごす毎日の中で、少しでも足を止めて考えることが出来たらと思っています。
平成27年4月5日
(日曜日)
写仏
(参加費:1,000円)
当山住職
久住 謙昭
静かなブームとなっている写仏。仏様のお姿をじっくりと書写することによって、仏様のお姿の意味や特徴などを知り、仏像や仏画への理解を深めることができます。(筆や墨などはお寺で準備しております。)
平成27年3月1日
(日曜日)
仏の心
蓮久寺副住職
鈴木 悠元 上人
「誰もがみんな仏の心をもっていますよ」とお釈迦様はお説きになられています。けど私たちはなかなかそのことに気付きません。なぜ気付かないのでしょう。どうしたらそれに気付けるのでしょう。法華経『五百弟子授記品第』ご遺文『法華初心成仏抄』を用いて日蓮宗伝統の高座説教でお話しいたします。
平成27年2月1日
(日曜日)
今年の皆様の運勢は?
当山執事
矢仲 正賢 上人
今年は、乙未 三碧木星の年にあたります。節分を前に今年がどんな年となるのか、皆様にとってどんな年になるのか、九星気学に精通し、気学の研究教育機関である「天星会」の講師として活躍されております、当山の矢仲正賢上人がズバッと解説致します。

どうぞお気軽に電話やメールなどでお問い合わせください。

お電話はこちら  045-811-0256
メールでのお問い合わせ
ページの先頭に戻る